うつ病になってしまったら|病気と上手に付き合おう

うつ病になってしまったら|病気と上手に付き合おう

病気と向き合っていく

カウンセリング

うつ病を患った場合に工夫する上で大切なポイントとしては、まずは信頼の高い繋がりによる人間関係の元でゆっくりと静養を取ることが大切になります。うつ病の原因は人それぞれ様々な原因が考えられ、一言では言い表すことができません。こうした事情からも、うつ病を患った場合には家族が「うつ病」という病気である事をしっかりと認識し、一丸となったサポートを行う事が大切です。深刻な病状で無ければ心の傷も悪化しにくく、改善もしやすいといった特徴があります。可能な限り家族との連携を強化した上で、信頼関係のある対人コミュニケーションを大切にするように心掛ける事が重要です。うつ病の症状はまず「抑うつ症状」という症状がきっかけとして発症します。この抑うつ症状とは、仕事のやる気が起こらないとか、何をやっても面白く無い、つまらないといった症状です。客観的に見ると憂鬱感が漂っているような印象を受ける事があります。こうした抑うつ症状が現れる原因としては、例えば「誰からも自分の事をわかってもらう事ができていない」という感覚がある場合も考えられます。他にも過労による内臓の疲れや病中病後にもこうした症状が現れることもあるため注意が必要です。普段様々な仕事でのストレスを抱えて生活をする中で、誰しもこうした症状があるのは事実です。なので、人によっては事情を軽率に捉えられてしまい「自分の方がもっと大変な事をしている」などと言う形で指摘されることもあるでしょう。これにより「自分の気持ちをわかってもらう事ができていない」という感覚が刺激され、うつ病が悪化してしまう事もあります。周囲としては相手の気持ちをわかってあげるための工夫や努力が大切です。

一旦うつ病が発症してしまうと、抑うつ状態と呼ばれている症状を基本として様々な身体的不具合が生じてしまうようになります。睡眠不足や睡眠過多、吐き気や便秘、下痢などといった様々な症状が生じるようになります。こうした症状は精神面における人間の心理状態と深く結びついており、内臓の疾患が原因となっている可能性もあるために気を付けておきたい部分です。このような症状がある程度継続している場合にはうつ病が疑われるため、早めに専門医の診察を受けることが望ましいと言えます。多くは対人コミュニケーションによって改善を行う精神療法による治療と、治療薬を活用した薬物療法と呼ばれる治療法とが併合的に行われます。薬物療法などと書くと、あまり良い印象を受けない方多くいるでしょう。何故なら、副作用や依存性があるのではと心配してしまうこともあるからです。しかし実際には、薬物療法によって、神経の伝達物質の働きを整えて、精神面において気分を安定させる事ができます。医師の指導どおりに正しく服薬できていれば、副作用や依存の心配はほとんどありません。病状にもよりますが、ごく重篤なうつ病では無い場合、3ヶ月から6ヶ月程度の治療期間によって回復が期待できるといったデータの一例も公表されています。短期間でうつ病の症状が改善されるのであれば治療薬による身体的負担もあまりかからず、不安を感じる必要もなくなります。神経の働きが乱れる事は誰しもある身体的トラブルです。ストレスを強く感じたり、仕事での不安を感じた場合にも起こる事があります。「いつもと違い変だ」と感じた時には早めに専門医へ相談を行なう事が大切です。

うつ状態を改善するために

医者

うつ病は、精神科や心療内科を受診することで症状を改善することができます。うつ病を発症する人は、女性に多く男性の2倍というデータがあります。うつ病の治療には、十分な休息や抗うつ薬の服用が必要です。症状があらわれている原因について考え、それを取り除くことで再発を防ぐことができます。

もっと知ろう

苦しい病を克服する

頭を押さえる男性

うつ病に罹った歳、治療を最も助けてくれる場所と言えば病院です。通院すれば精神論だけでは治まらない症状を薬で緩和する事ができます。こうした病気の治療はカウンセリングなどを組み合わせて進めるのが大切です。また家族から治療に向けて手助けを受けるようにしましょう。

もっと知ろう

心療内科の診断

看護師

2年間以上憂うつな状態が継続することは、軽症うつ病の診断基準の大きなポイントです。したがってそうした状態ならば、病院に受診すべきです。病院では心療内科が、診断基準を用いてさらに細かく評価がされます。また軽症うつ病では、ほかの症状を訴えるケースもあるため、医師は丁寧に診察を行なっています。

もっと知ろう